茨城の自然葬について

subpage01

近年では少子高齢化に伴い自分の死後の事に関心を持つ方が増えています。

跡取りの心配や仕事の都合で遠方への主張等で、遠方の地から自分のお墓を守らせる等負担をかける事を嫌がる方も大勢いる事も事実です。
そんな時代の流れに伴い死後の事もお寺が考えてくれるようになりました。


茨城のあるお寺では自然葬のひとつである樹木葬というものも行ってくれています。



この自然葬というものに、なんのメリットがあるかというと、まず生前予約が出来るという事。

今は土地の問題でお墓に入るのも一苦労という時代ですから有り難い事です。

そして管理費も無料という事。



普通のお墓であれば年間の管理費用等はずっとついてまわるものであり、その管理費も今の時代、とても辛いものになります。


その点、この茨城の自然葬であれば管理費は掛からない為に残された人達にも負担が無いというのも利点です。

そして何より重要なのが、無縁仏にならずに済むという事です。
いかに子供に負担はかけたくないという方でも孤独というのはとても辛い事です。

お盆だけではなくいつになっても誰も手入れをしてくれないというのは寂しいものです。
そんな方にも茨城のお寺では永代供養というものがあります。これは何かというとお寺の方で永代にわたり、御供養してくれるという事です。


誰も供養してくれないわけではありませんし誰も掃除してくれないわけでもありませ。
しっかりと御供養してくれます。


そして、宗旨や宗教は問わないとの事。

詳しく知りたい日本経済新聞について補足説明いたします。

自分が懇意にしているお寺の住職様立ち合いの供養もできます。