埼玉の樹木葬について

subpage01

埼玉で行なわれている樹木葬は、寺院境内やその周辺に区域を設けることが多くなっています。

中には里山深い場所で山自体を守っているというところもありますし、伐採によって木が無くなってしまった山を買い取り、樹木葬で植樹をしていることもあります。



寺院や境内そのものが公園などの中に存在していることもありますし、この場合は公園の自然に溶け込んだ葬送の形式となります。

寺院が管理する里山型の自然葬は社会貢献などにも繋がりますが、お参りしにくいことや樹木の手入れがしにくいなどといったデメリットもあります。墓地自体が公園のようになっており、個別に区画を設けて樹木葬を行っていることもあります。

特別なエキサイトニュースに関しての情報が閲覧できます。

個人用や夫婦用、家族用など利用人数によって分けているものやペットと一緒に入れるものなどがあるため、いろいろ調べてみると良いでしょう。公園型の墓地は周りに自然がないところに作るものと、自然を活用しながら作るものがあります。



このような埼玉の墓地の場合、常に美しく整えられているというメリットが挙げられます。

埼玉の樹木葬では低木がよく使われることになります。

ハナミズキやサルスベリ、ヤマツツジなどが使われることが多く、モミジやブナなどの広葉樹やクスノキなどの常緑樹を使用することもあります。

日本で一番多く利用されているのは桜であり、日本人にとって特別な鼻である桜の下で眠りたいという人が多くなっています。


樹木葬では基本的に和のイメージの強い植物が使われることが多いです。


しかし、近年では美しいガーデニングを施している墓地や霊園などもありますし、バラを植樹するところも出てきています。